〒589-0011 大阪府大阪狭山市半田1-622-10

TEL:072-366-5504
金剛駅の阪田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
 

歯周病

金剛駅の阪田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

診療時間
午前9:00~12:30
午後15:00~19:00
土曜日は~12:30まで
休診:木曜/日曜/祝日

歯周病とは

歯の周りには、歯を支えるために必要な様々な組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。
歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根に付着した歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化した歯石に、歯周病菌の温床となります。
始めは歯周の歯肉に炎症を起こし、出血します。進行すると歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらつき、歯の根が見えてきます。そのうちに口臭や出血が酷くなってきり、常時ウミが出てくるようになります。

歯周病は、一本だけでなく多数の歯が一度にかかることがほとんどで、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。
長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになってから来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。
また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれております。 

歯を失う原因は大きくわけて2つあります。

そのうちの1つが歯周病です。

歯周炎

磨き残しがたまった状態が続くと歯ぐきに炎症や腫れがおきます。

 放置すると

軽度歯周病

歯ぐきの炎症が強くなり、歯周病菌が深くまで侵入し、歯を支えている骨を溶かしていきます。歯と歯ぐきの境目に歯周ポケットと呼ばれる溝ができて、磨き残しや歯石が溜まるスペースとなります。
歯周ポケット3~5mm

 放置すると

中度歯周病

炎症がさらに拡大し、歯を支えている骨の半分近くまで破壊が進んでしまいます。歯がグラグラしはじめ、歯周ポケットもさらに深くなります。
歯周ポケット4~7mm

 放置すると

重度歯周病

歯を支えている骨の半分以上が破壊され、歯はグラグラして自然に抜けてしまいます。
歯周ポケット8mm~

歯周病のセルフチェックをしてみましょう!

  • 歯を磨くと時々歯ぐきから血がでる
  • 口臭があるかもしれないと気になるときがある
  • 朝起きたとき、口の中がネバつく感じがある
  • 歯ぐきが赤く、腫れたり痛むときがある
  • 歯と歯の間に物がよくはさまる
  • 冷たい水を飲むと歯がしみて痛い
  • 歯がグラグラとゆれる感じがする
  • 歯ぐきを押さえると膿が出るときがある

初期の段階では、なかなか自分自身で気がつくような症状は出てきません。
以上のような症状がひとつでもあったら、歯周病の可能性があります。歯科医院で検査を受けることをおすすめします。

  • 45歳以上の方
  • 喫煙者
  • 妊娠中
  • 糖尿病にかかっている方
  • 親が歯周病で歯を失っている

これらにあてはまる方は、歯周病のリスクが高いといわれています。

※歯周病は再発しやすい病気なので、治療が終わっても定期的に検診を受けましょう。

歯を失ってしまったら・・・

選択肢は3つあります。

①ブリッジ

取りはずしすることなく自分の歯として咬めますが、抜いた歯にかかる負担を両隣の歯が支えるため、両隣の歯が支えるため、両隣の歯の寿命が短くなることがあります。保険で作ることができます。

②入れ歯

利点は隣の歯を大きく削らなくても良いことです。欠点は取り外し式で慣れるまでには違和感があったり、咬む力はブリッジやインプラントに比べて2割程でしか咬めません。保険効く入れ歯と効かない入れ歯があります。

総入れ歯
保険内
利点は保険が効くので安価で気軽に作れる。欠点はプラスチックでできているため割れやすく、割れにくくするために厚く作らないといけないので、装着感や熱の伝わりやすさに欠ける。
保険外
金属床で出来た入れ歯。温度を感じやすく、よりおいしくご飯を食べたい、薄くて丈夫な入れ歯をお考えの方におすすめ。
保険外
歯の根っこやインプラントを利用して入れ歯を磁石で固定する方法。外れにくいのでしっかり咬みたい方におすすめ。
部分入れ歯
保険内
金属のバネを残っている歯にかけるので見た目が気になる方には不向き。
保険外
金属のバネを使わず、歯ぐきの色に近いプラスチックで固定するので入れ歯とは気づかれにくい。

③インプラント

失われた歯の根っこの代わりにチタン製の人工の根っこを顎に骨にいれます。自分の歯と同じように咬むことができ、他の歯に負担をかけることはありません。顎の骨に充分な厚みがないとインプラントを埋め込むことは出来ないので、CTで3次元的に顎の状態を事前検査し神経と血管が通っている位置を確認することが重要です。保険は効かない治療です。


PageTopへ