〒589-0011 大阪府大阪狭山市半田1-622-10

TEL:072-366-5504
金剛駅の阪田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
 

入れ歯

金剛駅の阪田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

診療時間
午前9:00~12:30
午後15:00~19:00
土曜日は~12:30まで
休診:木曜/日曜/祝日

入れ歯について

「食べ物が食べられない」
「ちゃんと喋られない」
「食いしばれないから、力が出ない」
など、様々な理由から、入れ歯を入れられる方がいらっしゃいます。
しかし、入れ歯を入れたものの、「どうも満足できない。」とお思いの方も多いのではないでしょうか?
保険診療で作られる一般的な入れ歯は、使用できる素材に限界があるため、細かい点で満足の行く物という訳にはいきません。
そんな不満を解消するため、特殊な素材を使用した入れ歯を取り扱っています。
「固い食べ物もしっかりと噛みたい」「ぴったりとフィットする入れ歯にしたい」「入れ歯を入れてると気付かれたくない」など、ご希望に合わせてご提案させて頂きます。

歯を失ってしまったら・・・

選択肢は3つあります。

①ブリッジ

取りはずしすることなく自分の歯として咬めますが、抜いた歯にかかる負担を両隣の歯が支えるため、両隣の歯の寿命が短くなることがあります。保険で作ることができます。

②入れ歯

利点は隣の歯を大きく削らなくても良いことです。欠点は取り外し式で慣れるまでには違和感があったり、咬む力はブリッジやインプラントに比べて2割程でしか咬めません。保険効く入れ歯と効かない入れ歯があります。

総入れ歯
保険内
利点は保険が効くので安価で気軽に作れる。欠点はプラスチックでできているため割れやすく、割れにくくするために厚く作らないといけないので、装着感や熱の伝わりやすさに欠ける。
保険外
金属床で出来た入れ歯。温度を感じやすく、よりおいしくご飯を食べたい、薄くて丈夫な入れ歯をお考えの方におすすめ。
保険外
歯の根っこやインプラントを利用して入れ歯を磁石で固定する方法。外れにくいのでしっかり咬みたい方におすすめ。
部分入れ歯
保険内
金属のバネを残っている歯にかけるので見た目が気になる方には不向き。
保険外
金属のバネを使わず、歯ぐきの色に近いプラスチックで固定するので入れ歯とは気づかれにくい。

③インプラント

失われた歯の根っこの代わりにチタン製の人工の根っこを顎の骨に入れます。自分の歯と同じように咬むことができ、他の歯に負担をかけることはありません。顎の骨に充分な厚みがないとインプラントを埋め込むことは出来ないので、CTで3次元的に顎の状態を事前検査し神経と血管が通っている位置を確認することが重要です。保険は効かない治療です。


 

入れ歯の種類について

入れ歯とは

一度、抜けてしまった歯は残念ながら、二度と戻ることはありません。
入れ歯とは、歯を失ってしまった場合、その部分の歯や周辺の歯茎の形や、食べる、飲み込む、話す等の機能を回復させ、患者様自身の意思で自由に取り外しのできる装置の事です。

抜けた歯を放置すると・・・

隣の歯や、咬む相手の歯が存在する場合は、抜けてしまった歯のスペースにこれらの歯が移動してきます。
できるだけ、抜けた場所は放置せずに義歯(入れ歯やブリッジ等)を入れてもらうことをおすすめします。

当院では保険の入れ歯をはじめ、患者様の要望にこたえるために様々な義歯の取り扱いを行っています。

一般的な義歯(保険対応)
一般的に作られる、入れ歯です。保険に対応しています。
磁性アタッチメント(自費)
針金等では支えるのが頼りないときに残っている歯の根っこなどに磁石を設置し、磁石の力を使って支えることができます。
※注意:医科でのMRI撮影の検査をされている方にはできない場合があります。その場合は、担当の医師にご相談いただくことがあります。
ノンクラスプデンチャー(自費)
部分入れ歯の針金の代わりに、若干弾力のある樹脂を用いて針金で支えている部分を覆って義歯を支えることができる入れ歯です。
部分入れ歯の針金が気になる方に有効です。
金属床義歯(自費)
金属床義歯とは、粘膜と接触する面(義歯床)が金属で出来ている入れ歯の事です。
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができます。そのため保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少ない入れ歯を作れる可能性が高くなります。

ただし、金属床義歯は破損した時の修理が難しく、費用も非常に高価という問題もあります。
保険の入れ歯ではどうしても満足できないという場合は、一度、担当の歯科医師と相談してください。

それぞれの費用、作成期間等は、担当の歯科医師にご相談ください。

PageTopへ